いにしへのをのへの鐘ににたるかな岸うつ浪の暁の声 皇太后宮大夫俊成

いにしへのをのへの鐘ににたるかな岸うつ浪の暁の声

 皇太后宮大夫俊成

 暁いたりて浪の声(こゑ)、金(こがね)の岸に寄するほど

 新古今和歌集 巻第二十 釈教歌 1968

「それは、むかし人の世にある時にきいた尾上の鐘の音に似ている。暁に浄土できく、七宝の池の黄金の岸をうつ波の声は。」『新日本古典文学大系 11』p.573

長秋詠藻[藤原俊成の家集]釈教。

暁いたりて 「暁イタリテ浪ノ音、金ノ岸ニ寄スルホド、アケナムトスレバ風ノ音、珠ノ簾ヲスグルアヒダ、後夜ノ時分キタリテハ、仏法僧ヲ念ズベシ」(極楽六時讃「後夜(ごや)讃」)。

岸うつ浪 極楽浄土には七宝の池があり、岸は黄金で、寄せる波の声は常に、仏法僧を讃える(観無量寿経)。

藤原俊成(ふじわらのとしなり(しゅんぜい)1114-1204)定家の父。

詞花集初出。千載集撰者、千載入集三十六首。『六百番歌合』判者。

新古今入集七十二首。勅撰入集四百二十二首。

隠岐での後鳥羽院による『時代不同歌合』では在原行平と番えられている。

小倉百人一首 83 「世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる」

http://bit.ly/WBaPKp

http://bit.ly/165RuQ6