【俳猫ねこやま・ねこたの詠める〜きのうきょう】

めざめるとざわざわうたたねのおと

野の花と植えた花とが手を取って

保育所のピアノが急かすもしもしかめよ

椿の花が落ちて痛いと叫んだ

同じ色が違って見えるきのうきょう

そのおっさんもそのえらいさんも年下と知り