クラッチ...終わる

中華クラッチ、寿命がきたようです。400kmほどの短い命でした。

交換後、フル加速するとやや違和感があるかな?レベルでしたが、一番外側のプレートの溝が合わず、それだけ古いのを流用したせいかな?と考えました。

しかし、一度目のツーリング(250km)の終盤から、急加速で回転だけ先に上がっちゃうのが明確に。

そして、昨日。若狭湾まで150kmほどの往復でみるみる間に症状が酷くなりまして。

往路でクラッチ交換前の状態より悪化してしまい、帰路はクラッチレバー握り難いぐらい固くて、果ては50kmから70kmの緩やか加速で滑ってるのが感じられ、発進にも気を遣わないといけなくなってしまいました。

ということで、クラッチ交換やり直しです。次は費用をケチらずに、もう少し高い中華クラッチを試そうかと思います。

広告を非表示にする