産婆だって助産師になったわけだし

産婆さんは国家資格じゃない、修行してなったもんだと聞いてるよ。

助産は技術であって医学じゃないって今も信じている人も一部います。

お産は医学的に扱うべきじゃない、

女性の生む力を引き出す技術で助けるのが「助産」なんだって。

どう?バカ臭いでしょ。

何かあったら大きい病院の産婦人科に救急搬送するくせに、

自分たちだけで完結できると言い張るのは虚勢でしかないし、

その虚勢を信じた妊婦さんたちにとって害でしかない。

イレズミも、そりゃ彫師の伝統もあるだろうさ。

そういうもんは大事にせにゃいかんけどな。

針きゅうだって今や学校に通って資格とらないとできないんだから、

彫り物だけ別っていうわけにもいかないと思うよ。

彫ったあと熱を出したり化膿したりする人がゼロっていうわけはない。

結局医者がめんどうみているんだからさ。

医師免許必要かどうかはともかく、

なんらかの規制というか基礎教育が必要、有資格者だけができるようにしないとダメだと思う。

あ、自分はイレズミ自体はあまり好きじゃないです。

患者さんでおしりとか背中、肩にカラフルで大きなお花のイレズミとかあると、

「ワカゲの至りだと思うけどあれじゃ子供と温泉にも行けないわ」(個室露天風呂を除く)

と思って気の毒です。

■タトゥー法廷で「谷崎潤一郎」朗読 驚き「文学戦術」舞台裏 「其れはまだ人々が『愚』と云う貴い徳を…」

(ウィズニュース - 04月27日 07:01)