世話しないなぁ〜〜。

やっと桜が、札幌で咲き始めましたよぉ〜〜

こっちはもう少しかな〜? 

なんせ毎日曇り空で、寒いし雨降るしで咲きかけてるんでしょうけど。

桜もどうしようか迷ってるんじゃなぃかしら〜www

さて、愛犬を見送り泣いて暮らした1週間が過ぎたと思ったら、突然水道管が破損して(まぁ老朽ともいう)床下が水浸し・・・。

水道屋さん頼んだり、大工さんに見積もり取って貰ったりでバタバタして、木曜からは婿が仕事でお泊まりだったため、毎日ちびーずがやって来ては賑やかな週末でした。

謙信が突然、「ようちゃん、耳無し法一の話しを知ってる?」って聞くので、知ってるよ〜って答えました。

娘が寝る間際に息子達に話して聞かせた様で、本は無いので話しだけだったので今一ピント来てない様な感じ・・・。

まだ幼い子供にあの話をするのは案外難しく、源氏と平家の事から簡単に説明して法一を呼びに来たのは何者かって事が話を怖く悲しくするポイント・・・・笑w

で・・出来るだけちびーずにも分かるように、話をしてあげましたら。

目を見開き、怖そうな顔をして聞いておりますので・・・・しめしめw

最後に、法一の耳だけ持って行かれた事を話し終え、「和尚さんが耳にお経を書き忘れなかったら法一さんは耳を取られなかったのにねぇ〜。」って私が言うと・・・。

謙信が「ぅ〜ん・・・そうだけど、そもそも源氏さんと平家さんが喧嘩しなきゃ、平家さんが死ななくて良かったんだし、そうすれば亡霊にならなくて良かったし、法一さんもそんな目に遇わずに済んだんじゃなぃ?」って・・・・。

ぃあ・・・びっくり!!

いつも鼻クソホジホジして、みんなに叱られたり・・・。

おだってみんなから、(サル!!)って言われてる謙信がそんな事を言ったのですから!!

「お主案外、洞察力有るねぇ〜〜w そうだね、争わなきゃ良かったんだねぇ〜。」って言っておきました。

しかし、その後の謙信の質問・・・・。

「ねぇねぇようちゃん、法一の兄弟って居るの?法二、法三とか?」

ぶっw やっぱり2年生だwww

安心^^