読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お薦めの本 文春文庫 「英語教育大論争」平泉渉+渡部昇一

お薦めの本 文春文庫 「英語教育大論争」平泉渉渡部昇一

渡部昇一さんが亡くなった。

上記の本はお薦めである。

平泉氏が「英語を必修から外し、代わりに一部の者に英語の集中特訓を」と述べるのに対して渡部氏が徹底反論。

平泉氏の主張を読むと「なるほど」と思うし、渡部氏の主張を読むとまた「なるほど」と思う。議論がかみ合っているし、両者とも説得力がある。

その後も英語教育についてさまざまな主張を読んだが、この本を超える議論には出会っていない。

私はどちらかと言うと平泉氏の考えに近いが、渡部氏の「受験英語と格闘した経験がないと、大学の専門書は読めない」との主張に、強く賛同する。氏は日本語の力をつけるためにこそ、受験英語が必要だと説くのだ。

大学1年のころ、佐藤幸治氏の憲法我妻栄氏の民法の本の日本語が読めず、泣きたい心境だった。「ここが問題提起、ここは他の学説を紹介している部分、ここは自分の説の理由づけ、ここは判例、ここは立法趣旨」などと、色分けして分析して読んでいったものだ。

関係代名詞や分詞でどこがどこにかかるか考えながら英文を訳しているような感じだった。

よく「もっと日常生活に役立つような会話などの実践的な英語を」という主張があるが、大体、体育の時間のクロールの練習や、数学の平方根や、古文の敬語表現、音楽の笛やハーモニカだって日常生活に役立つわけではない。

英語教育においても、日常生活に役立つうんぬんや、実践性うんぬんよりも、言葉・文章を論理的に分析する力の育成に力を入れるべきではなかろうか。