【禁煙ゲーム×バツ:愛に支持される生き方。】

愛煙セラピー「2723」:愛に支持される生き方。

愛煙家は

タバコを愛しているから

タバコに愛される。

吸いたくなくて

吸わないでいても

タバコは寂しがらない。

なぜなら

「吸わなくても愛」

だからだ。

嫌煙者は

「禁煙は愛!」

と吠えているが

禁煙はそもそも

礼儀であることを

知らない。

しかも

「吸いたいけど

吸えない」

不満のなかで

タバコは有害だと

主張している。

礼儀も知らなければ

愛もわからない、

だから

吸わないだけのことに

苦悩してしまう。

普通に生きて

みればいいのだ、

喫煙者として普通に。

体に負担だと

わかっていながら

必要として

一服するそのときは

百害あって

一利なしなどという

発想すらない。

なぜ

タバコをやめると

決めた瞬間

有害性しか

主張しなくなるのか、

吸わないことが

愛だと思うのなら

そこを真剣に

考えなければいけない。

【愛煙セラピー「2723」】 

『吸うのも愛、

吸わないのも愛。

タバコをやめて

毛嫌いするのは

愛が欠けている

証拠だと言える。』

2017/05/30

愛煙セラピスト

志村嘉仁

吸うことに

興味がなくなって

やめるわけだから。

毛嫌いする

理由がないはず。

お世話になったことに

感謝できるやめ方で

愛に支持された

豊かな無煙生活を

楽しむこともできる。

レオ八先生との対談インタビュー

http://core.leo-can.com/wp-content/uploads/2016/02/shimurasenseiinterveiw.mp3