やはり私もうラティオス派というか永遠に

やはり私もうラティオス派というか永遠にラティアスとそのお兄さんのラティオスを愛さなければならない宿命なんだと改めて認めた私氏である。